多根記念眼科病院(大阪)のレーシックはどう?3つの特徴

*

多根記念眼科病院(大阪)のレーシックはどう?3つの特徴


多根記念眼科病院の医師多根記念眼科病院は大阪の西区にある眼科です
多根記念眼科病院の真野先生は日本でももっとも初期からレーシックの執刀を行っている、経験豊富な執刀医です。
 
レーシック用にも最先端のレーザー機器を導入しており、一人ひとりの目のカーブや状態に合わせたオーダーメイドのレーシック手術を行うことができます。
 

多根記念眼科病院
多根記念眼科病院のレーシック情報!

NASAも認めたiLASIK
多根記念眼科病院でのレーシック手術は「iLASIK」手術で、これはNASAが唯一宇宙飛行士にも認めている視力矯正手術です。非常に過酷な環境で、完璧な作業を要求される宇宙飛行士にも、iLASIKなら安全であると判断されているのですね。お近くにお住まいの方は、説明会に参加してみてはどうでしょうか。

多根記念眼科病院のコメント

当院は日本では希少な眼科専門病院で、多種の手術を行っています。屈折矯正手術においては、1997年からPRK、2000年からLASIK、2009年にはフラップ作製にフェムト秒レーザーを導入し、コンピューター制御下で安全なLASIKを行っています。LASIKが施術できない高度近視や円錐角膜の患者様には、有水晶体眼内レンズ手術を行っています。
多焦点眼内レンズに関しては、厚生省の承認を得たレンズのみならず、海外で広いシェアーを誇る優れたレンズも輸入し、患者様のライフスタイルに合わせた最適なレンズを選択して手術に臨んでいます。(引用元: 安心レーシック完全ガイド)

 
 

【特徴1】オーダーメイドのレーシック手術

多根記念眼科病院のレーシックは「iDesingアドバンスウェイブスキャン」を組み合わせた測定マシーンを使用しています。
 

これは「屈折値」「波面収差」「角膜形状」「角膜曲率」「瞳孔径」の5項目の測定値を一度に測定動作で取得することができます。
 

また3秒間で4種の異なる測定フレームが取得することができ、眼球状態の測定をより円滑にスピーディーに行うことにたけています。
 

また、その取得した測定値もとても精密で、iDesingで取得した眼球状態に合わせたレーシック手術を行うことができるのです。
 

一人一人の眼球の測定項目を精密に診察した上でレーシック手術を行うのは、まさに一人一人の数値に合わせた細かい調整に元づき行う、質の高いオーダーメイドのレーシック手術です。
 

しっかりと眼球測定を行なった上で手術を行うため、より安全に視力矯正を行えます。
 

【特徴2】イントラレースフェムトセカンドレーザーを採用

レーシック手術では、角膜の表面を薄くスライスし、レーザーで角膜を角膜を削り視力矯正を行なった上で、スライスした角膜をかぶせる、このスライス状の角膜(フラップ)が重要となってきます。
 

このスライスするフラップの状態をよりよくするために、多根記念眼科病院はイントラレースフェムトセカンドレーザーを採用しています。
 

従来のマイクロケラトーム(刃物)ではどうしても、スライス断面に波や、周辺と中心面で薄さの誤差が生じてしまいがちなため、フラップの定着が弱く、フラップ障害などが生じやすかったのがレーシックのデメリットでした。
 

しかし、セカンドレーザーを用いることで、大きさや厚さなどがコンピュータ制御することが可能になり、フラップの厚さや切断角度をより精密に作成することができるようになりました。
 

作成されたフラップの状態がより精密なため、フラップの接着が従来に比べ、強固になり、さらに、滑らかな切断面になったことで、より鮮明に視界をクリアな状態に矯正することが可能となっています。
 

【特徴3】フェイキックIOLも受けられる

さて、いざ多根記念眼科病院でレーシックを受けようと決意し、診察を行なっても、角膜の状態、生活状態(スポーツをされる方、接触の多い仕事をされている方)で通常のレーシック手術が受けられない方がいます。 

せっかく視力矯正をしようと決意して診察に向かったのに、受けられないのは残念すぎます。
 

多根記念眼科病院では、そんな通常のレーシック手術を受けられないという方にも受けられるフェイキックIOL手術の診察も行なっております。
 

フェイキックIOLは角膜を削ることなく行う視力回復方法であり、いわばコンタクトレンズを、目の中に装着するという方法の手術を行います。
 

そのため、フラップ障害の心配がなく、また半永久的に視力状態を保つことができるため、レーシックではやはり不安があるといった方におすすめの手術となっております。
 
 

多根記念眼科病院の詳細データ

 

診療時間 月~金曜日(8:30~11:00、13:30~15:30 紹介状要)、土曜日(8:30~11:00 紹介状要)
休診日 日曜日、祝日
手術日 木曜日、(水曜日)
対応施術 LASIK、PRK、フェイキツクIOL、モノビジョンLASIK、単焦点白内障手術、多焦点白内障手術、ドライアイ、PTK (保険適用)など

 
 

多根記念眼科病院のアクセス情報

 

【所在地】大阪府大阪市西区境川1-1-39
【最寄り駅①】JR環状線 大正駅から徒歩8分
【最寄り駅②】地下鉄鶴見緑地線 大正駅から徒歩8分
【最寄り駅③】地下鉄長堀鶴見緑地線 大阪ドーム前千代崎駅から徒歩8分

 

 

多根記念眼科病院(大阪)
 
 

※その他の大阪おすすめクリニック
品川近視クリニック 大阪院

神戸神奈川アイクリニック 大阪院

 

多根記念眼科病院(大阪)のレーシックはどう?3つの特徴関連ページ

品川近視クリニック大阪院はどうなのか!【評判のレーシック事情】
大阪で業界ナンバー1の品川近視が一番安心! 正直なところ、レーシック業界ではやっぱり品川近視クリックが頭一つ抜 […]
神戸神奈川アイクリニック大阪院はどう?【評判のレーシック事情】
大阪でトップレベルの人気なレーシック院! 神戸神奈川アイクリニックは全国的に超有名な大手クリニック。大阪でレー […]
西眼科病院(大阪)のレーシックの特徴|大阪レーシックガイド
大阪市東成区にある眼科専門病院 西眼科病院は、昭和27年に日本で3番目に誕生した眼科専門医療施設。歴史ある西眼 […]
小島眼科医院【大阪のレーシック眼科を調査!】
<追記>※小島眼科医院の公式サイトからレーシックに関する表記がなくなっています。現在はレーシックを行っていない […]
高槻眼科(大阪)はどうなの?レーシック特徴解説!
高槻眼科は大阪にある総合眼科です レーシックの手術だけでなく、白内障や眼瞼下垂手術や網膜光凝固手術など様々な手 […]
フジモト眼科(大阪)のレーシックはどう?3つの特徴とアクセス情報
フジモト眼科は大阪に3つの分院のある眼科です フジモト眼科は大阪の眼科で、レーシック手術で有名な眼科です。非常 […]
坪井眼科(大阪)のレーシックはどうなの? 3つの特徴
坪井眼科は大阪の四ツ橋にある眼科です 坪井眼科は新聞やマスコミにも取材記事が数多くのっており、白内障やレーシッ […]
【※閉院】東京近視クリニック大阪院の特徴!
※東京近視クリニック大阪院は閉院しました。 東京近視クリニックは、平成25年9月20日をもって閉院することにな […]
【※閉院】錦糸眼科はパイオニア眼科です【大阪のレーシック!】
※錦糸眼科は2015年5月に閉院しました。     ※その他の大阪おすすめクリニック 品川 […]
【※閉院】新宿近視クリニックの人気の秘密!【大阪のレーシック】
※新宿近視クリニック大阪院は2015年9月に閉院しました。     ※その他の大阪おすすめ […]

ページ上へ