大阪レーシックの現状とおすすめクリニック

*

大阪レーシック医師

大阪レーシック眼科を総特集!

大阪のレーシック情報を集めました!

レーシックは一昔前よりも格段に安くなり、安全性も著しく向上しました。しかし目のことなので、より大きな安全性を求めるなら、①最新機器の導入、②徹底的な衛生管理、③経験豊富な医師が在籍等の条件を考える必要があります。当サイトではそれらの点に口コミ評価を加え、おすすめの大阪レーシック眼科をランキング紹介します。

 

 

大阪のレーシック事情!【2018年】
 

ここ数年で大阪のレーシック業界では、勝ち組と負け組の二極化が鮮明になってきました。
結論から言えば、品川近視クリニック大阪院のほぼ一人勝ち状態。神戸神奈川アイクリニック梅田院が、なんとか追いかけているイメージです。
 

レーシック自体は年々進化しており、安全性は劇的に向上しているにもかかわらず、一部の質の低いクリニックにより全国的に悪い評判がたつなどして、小さなクリニックは閉院に。
 

そして大阪では、2015年4月にはレーシックのパイオニア眼科の錦糸眼科が閉院。そして9月にはSBC新宿近視クリニック(大阪院)も閉院という大きな業界再編がおこりました。
 

これによって品川近視クリニックがダントツ人気となり、大阪だけでなく、全国でも品川近視クリニックが業界ナンバー1になりました。
 

そもそも失敗が許されないレーシックでは、徹底した衛生管理や、より安全な最新機器の導入など、業界最新レベルをクリアするのが物凄く大変なのです。
 

小さなクリニックでは、未だに初期のケラトームレーシックが高額で行われていたり、これでは安全面で大きな不安が残ります。私なら大切な家族や友人には、初期レーシックは絶対におすすめできません。やはり、アマリスZレーシックなどの最新施術をおすすめします。

 
 

大阪のレーシック総合人気ランキング2018

 

品川近視クリニック福岡院

★★★★★

おすすめNo.1
品川近視クリニックは、他の追随を許さない世界トップレベルの技術力と実績が魅力です!品川近視だからこそ、最高品質レーシックが低価格で受けられます。他社が撤退する中、レーシックといえば品川近視クリニックと言えるほど全国的に認知されています。もし大阪でレーシック眼科に迷ったら品川近視を選んでおけば問題ありません。


品川近視クリニック大阪院のWEB申込み

 

当サイトが品川近視クリニックを一番に勧める理由!

当サイトが品川近視クリニック大阪梅田院をおすすめする理由は、なんだかんだ言っても、①技術・実績面、②費用面、③アフターケア面で、トータル的に一番優れていると判断したためです。
一部口コミで言われた、「淡々とした流れ作業のように感じた」という意見も、他の圧倒的に多い感謝の口コミと比べれば特に問題は感じられません。

【住所】大阪市北区梅田2-6-20 パシフィックマークス西梅田B1F
【診療時間】10:00~20:00、年中無休・完全予約制
【アクセス】JR福島駅より徒歩5分、JR大阪駅(桜橋口)より徒歩12分、地下鉄四つ橋線の西梅田駅より徒歩7分
主な施術の料金一覧
施術名 料金(両眼、税抜)
品川イントラレーシックアドバンス 14.7万円(5年保障)
クリスタルZレーシック 23.2万円(8年保障)
アマリス750Zレーシック 29.7万円(10年保障)
ラゼック/エピレーシック 16.5万円(3年保障)
リレックススマイル 29.6万円(3年保障)
レクスト 32.4万円(3年保障)
フェイキックIOL 54.7万円(3年保障)
適応検査・薬代 無料

医師紹介

大阪院 院長 鳴美貴仁 (日本眼科学会専門医)

大阪院の鳴美貴仁院長

皆様の不安を少しでも解消できるように大阪(梅田院)では、最先端の検査・手術機器を導入しております。 もちろん機器だけに頼らず、ホスピタリティーの精神をモットーに経験豊富な医師、スタッフで皆様のご来院をお待ちしております。
(引用:https://www.shinagawa-lasik.com/

品川近視クリニック(福岡)

 
 

神戸神奈川アイクリニック(大阪市)

★★★★☆

おすすめ
アフターケア保証の充実さが最大の強み!プレミアムアイレーシックは差が出る完全オーダーメイド。他でレーシックを断られた場合も、相談すれば対応可能な場合もあるようです。料金は高くなりますが、信頼でき候補に入れる価値のある国内最大規模のレーシック眼科です。

【住所】大阪府大阪市北区小松原町3-3 OSビル17F
【診療時間】(平日)11:00~19:00(土)10:30~19:00(日祝)10:30~18:00
【アクセス】JR大阪駅から徒歩約7分、地下鉄御堂筋線の梅田駅より徒歩5分
【お休み】水曜、年末年始
主な施術の料金一覧
施術名 料金(両眼、税込)
スタンダードレーシック 15万円(3年保証)
プレミアムアイレーシック 37万円(3年保証)
iFSイントラレーシック 25万円(3年保証)
スタンダードPRK、LASIK、LASEK 25万円(3年保証)
モノビジョンレーシック 40万円(15年保証)
ホールICL(乱視なし) 68万円(3年保証)
術前検査料 無料


 
 

3位 坪井眼科
坪井眼科

★★★☆

お勧め眼科
坪井眼科はレーシック専門の眼科ではありませんが、それだけに目に対して総合的な知識と経験があるのが強み。豊富な施術例もあります。執刀は眼科の専門教育を受けた上で専門医認定試験に通った「眼科専門医」が行います。

【住所】大阪市西区北堀江1-3-2 Being四ツ橋ビル3F
【診療時間】9:00~12:00、13:30~16:30 ※休診日は土日祝
【注意点】レーシック適応検査は午前中の院長の診察が必要
【アクセス】地下鉄 四ツ橋駅6番出口南からすぐ
主な施術の料金一覧
施術名 料金(両眼、税抜)
アイデザインアイレーシック 34万円
ICL(フェイキックIOL)乱視なし 72万円
ICL(フェイキックIOL)乱視あり 82万円
術前検査 5,000円
坪井眼科の詳細へ

 

目次へ戻る
 
 

その他の大阪のレーシッククリニック

多根記念眼科病院 大阪府大阪市西区境川1-1-39 地下鉄大正駅より徒歩8分
診療時間:午前8:30~11:00、午後1:30~3:30、土曜は午前8:30~11:00のみ
※土曜の午前と平日の午後は他院からの紹介状をお持ちの方のみ
フジモト眼科 大阪市北区天神橋6-6-4 JR天満駅から徒歩5分
※無料説明会は少人数制となっており、事前に予約が必要です
高槻眼科 大阪府泉南郡熊取町大久保中2-26-18
診療時間9:00~12:00、15:00~18:30(水・土の午後は休診)、日曜休
小島眼科医院 大阪府八尾市山本高安町2丁目13-3 高安クリニックビル4F
東京近視クリニック 大阪院 大阪市北区梅田2-6-20 パシフィックマークス西梅田3階
受付時間:10:00~20:00、土日祝日も診療中、完全予約制
※東京近視クリニックは閉院しました。(2013.8)
※注意事項 掲載しているクリニック情報は更新されている可能性がありますので、ご利用の際にはクリニックの公式ホームページにてご確認ください。当サイトの利用による間接的、直接的に生じたいかなる損害も、一切責任を負い兼ねます。

 
 
 

大阪の3大クリニック料金比較!

梅田のクリニックスタッフ
 

施術名 品川近視 神戸神奈川アイ 坪井眼科
スタンダードレーシック 7万円 15万円
メインのレーシック 29.7万円
アマリス750Z
30万円
プレミアムアイ
34万円
アイレーシック
ラゼック 16.5万円 25万円
フェイキックIOL 54.7万円 68万円 72万円
イントラレーシック 14.7万円
品川アドバンス
25万円
iFSイントラ
リレックススマイル 29.6万円
オルソケラトロジー 18万円
検査費用 無料 無料 5,000円(術前検査)

(※すべて両眼の価格。よく料金変更もありますので来院前は公式サイトをご確認ください。)

 

大阪のレーシック事情としては、新宿近視クリニックが撤退してから、主に大手の品川近視クリニックと神戸神奈川アイクリニックがメインでした。
 

料金的にもこの二つのクリニックが他より安いのですが、特に品川近視クリニックは抜群の集客力があるからこそ設定できる低価格で、頭ひとつ抜けだしています。
 

しかも品川近視クリニックは施術の質は世界最高水準であり、症例数の多さも大阪トップレベル。
 

ただ、金額だけで見ると品川近視クリニック一択になってしまうため、セカンドオピニオンを見つけることも安心につながるためおすすめします。
 

【注意】最安施術であるスタンダードレーシックは確かに安いですが、質的にはひと昔前の施術でおすすめできません。

品川近視クリニックも神戸神奈川アイクリニックも、このスタンダードレーシックは客寄せに使っている?と思われるので、値段の安さだけで施術メニューを選ばないように気をつけましょう。

目次へ戻る
 
 

おすすめ施術紹介①【アマリスZレーシック】

大阪でレーシックするならやはり第一候補は品川近視クリニックになるでしょう。そこで品川近視クリニック梅田院で一番人気の施術「アマリスZレーシック」について紹介します。

アマリスZレーシックとは

アマリスZレーシックは品川近視クリニックが行っている、7次元で目の動きを認識できる超高性能なマシンによるレーシックです。従来のレーシックに比べて、格段の安全性とクリアな視界を提供してくれます。
 
そしてアマリスZレーシックには下記の機械が使われています。

フェムトセカンドレーザー(フラップ作成)
フェムトセカンドレーザーとは、手術後の眼の負担を最小限にしてくれるレーザーで、アマリスとは7次元で目の動きを認識する機能を搭載した機械です。
アマリス750
(出典:品川近視クリニック公式サイト
 
アマリス(角膜を削るエキシマレーザー)
アマリスZレーシックという名前にもなっている「アマリス」は、7次元で1秒間に1050回という速さで全ての動きを認識します。そのため、レーザー照射がとても正確に行えるのが特徴です。
フェムトLDV
(出典:品川近視クリニック公式サイト

アマリスによる照射

アマリスは、2段階の照射レベルを組み合わせることによって、精密なレーザー照射を行い、さらに、照射時間を短縮することができるので、眼に対する負担も少なくしてくれるのです。
 

そしてアマリスには、レーザー照射の時に出る熱を分散してくれる照射システムが搭載されています。そのため、レーザーが重なって照射されることを防いでくれ、レーザーの熱による角膜への負担を軽減できます。

レーシックとアマリスZレーシックの違い

レーシックにもいろいろな種類がありますが、普通のレーシック(ケラトームレーシックという)は、一番古くからある手術方法であり、ステンレスの刃を使って手術を行います。
 

現在では、安全な手術方法としてレーザーが使われるようになり、また術後の後遺症のリスクや見え方の違いなどから、あまり行われない方法となっています。安く行えるため、格安料金表示をして集客のための使われていると考えてください。
 
それに対して、アマリスZレーシックは、アマリスという矯正用レーザーが使われており、さまざまな最新の技術が使われている方法です。どのレーシックの手術方法と比べても、照射の正確性が高く、照射時間が短いことから眼に対する負担がほとんどないレーシックの手術といえます。
 
アマリスZレーシックは、現在日本で受けることができる最高峰のレーシックです。しかし、アマリスZレーシックを行っている眼科は少なく、普通のレーシックに比べて、手術にかかる費用も高額となっていることが、唯一のデメリットかもしれません。
 
 
 

おすすめ施術紹介②【レクスト】

 

レクスト

今話題になりつつある新しい視力回復治療レクストは、レーシックの弱点を補う最新の視力回復手法です。
 

まだまだ症例数は少ないですが、次世代を担う視力回復法となることは間違いないと思います。すでに品川近視クリニックで導入済。もちろん大阪でも受けられます。
 

特徴としては、視力回復と角膜強じん化が同時に行われることです。レーシックでは角膜の強度が低下すると言われていましたが、これが逆に強化されるわけです。
 

今はまだレーシックが主流ですが、このレクストでは、レーシック不適合だった方も受けることができるため、メリットは計り知れないですね。
 

目次へ戻る
 
 
 

最近話題【フェイキックIOL(ICL)】

フェイキックIOLとコンタクトの違い

フェイキックIOL

フェイキックIOLは有水晶体眼内レンズと言われています。一般的にコンタクトレンズは目の表面である角膜の上に乗せますよね。それに対して角膜よりも内側に入れるレンズがフェイキックIOLです。
 

フェイキックIOLは目の異物感を感じることがまずありません。汚れがつくこともなく、コンタクトレンズのようにメンテナンスをする必要もなく、レンズが劣化して交換する必要もないため、基本的には一生使えるコンタクトレンズのようなものです。

フェイキックIOLのメリット

フェイキックIOLのメリットは角膜を削ることがないことです。そのため角膜が薄かったり強度の近視であったり、軽度の円錐角膜などでレーシックが受けられない場合もフェイキックIOLはそのような心配がいりません。
 

仮にレーシックが可能でも、近視が強い場合は多くの角膜を削らなければいけないので、角膜が薄い人はレーシックを受けてもあまり変わらない、視力が良くならない、などということもあります。角膜の状態によってはフェイキックIOLの方がオススメです。

フェイキックIOLのデメリットとは

フェイキックIOLは良いことばかり言われますがデメリットもあります。一番のデメリットは、かなり値段が高く保険がきかないため金銭的に厳しいことです。
 

そしてレンズが届くまでに1ヵ月ほど時間がかかる可能性があります。そして稀ではありますが、白内障を起こしてしまうきっかけになる可能性があるとも言われています。
 

しかしドライアイになりませんし、紫外線カットも可能です。光が眩しいこともありません。

フェイキックIOLにした後の感想

フェイキックIOLの手術は片目につき15分前後です。また、目の中にレンズを入れると聞くと誰もが怖いと感じるかもしれませんが、体験者の多くの人が「ここまで変わるのであればもっと早く手術を受ければよかった」と言っています。
 

なお、フェイキックIOLには前房型と後房型の2種類があります。どちらにもメリットデメリットがあるので、自分の症状に合わせてどちらが良いかを選びましょう。

レーシングとの具体的な違い

レーシックの場合は角膜を切開し、外周約20ミリメートルのフタ部分をめくった上で、レーザーによって角膜を削ります。それに対し、フェイキックIOLは角膜の表面を3ミリほど切開するのみです。
 

また、レーシックは元に戻すことができませんが、フェイキックIOLならば復元が可能です。もしも施術を受けた後に気に入らないことがあれば、元にに戻せるというのもメリットの1つです。
 

コンタクトにしたいけれどメンテナンスが面倒、付け替えるのが大変、レーシックにしたいけれど角膜を削るなんて怖い、などという人にはフェイキックIOLはオススメです。
 
 
 

※レーシック手術のリスク

施術前に知っておくべき後遺症

レーシックは非常に安全性の高い手術ですが、やはりリスクは伴います。眼科医側の設備や対応によって防げるリスクもありますが、手術をしてみないとわからないリスクもあります。
 

レーシックを受ける人は、担当医からリスクについて説明を受けます。できるだけ詳しく眼科医と話し合い、質問してしっかりと納得のいく答えをもらうようにしましょう。

後遺症の例

レーシック手術後に生じる後遺症としては、主に以下のものがあります。

ハログレア
ドライアイ
過矯正
感染症

ほかには、夜間の視力が低下する、日によっていまひとつ視力が安定しない、などというケースもあります。

ハログレア

ハログレアは一番起こりやすい後遺症の一つで、程度の差こそあれ多くの人が感じる症状です(ほどんどは深刻なものではない)。
 

ハログレアとは、光の周囲ににじみが出たり、街灯などの光の強いものを見た時にその周囲に丸く光の輪が生じたり、まぶしかったりというものです。この原因は主に、角膜のフラップを作った時の断面に光が乱反射することでおこります。
 

多くのケースでは、術後に強くハロやグレアが生じますが、時間と共に段々落ちついていきます。多少のハロやグレアは日常生活には支障がありませんが、夜間の運転などの時にはとても危険ですので、レーシック手術後の夜間運転は避けましょう。
 

最新のレーザー機器を使うことで、このハロやグレアを最小限にとどめることもできます。

ドライアイ

ドライアイ、つまり目の乾きは、レーシックの術後に多く見られる症状です。眼科医ではそのために、施術後に目薬を処方してくれますので、まめにつけるようにしましょう。
 

レーシックはレーザーを角膜に照射する手術ですが、この時に涙腺を刺激する神経も焼いてしまうため、ドライアイになりやすいと言われています。3ヶ月ほどで神経が戻ればドライアイもほとんどの場合治ります。その間、目が乾いて傷つきやすくならないように、目薬を忘れないようにしましょう。

過矯正

過矯正というのは、「過剰に視力が出た」状態のことです。目が良くなるといいことずくめのようですが、逆に手元が見づらくなってしまい、日常生活に支障が出ることがあります。ここまでの過矯正ですと、再手術で矯正し直すこともあります。
 

過矯正にならないようにするためには、医師と事前に話し合って、どの程度の視力が自分に必要なのか、それで視界がどのように変わるのかなど、事前の理解が大切です。

感染症

レーシックにおける感染症は症例は少ないですが、不衛生なクリニックが大量の感染者を出した事件もあり、レーシック自体のイメージを低下させました。
 

感染症の原因は、クリニック側の努力で発生をゼロにできます。クリニックを選ぶ際には、適切な衛生対策を行っているのかについても条件のひとつに入れましょう。
 

※レーシックを行っているクリニックでは、基本的にはどこも徹底的な衛生対策を行っています。
 

目次へ戻る
 
 
 

【※最新入手】大阪の品川近視クリニック体験談↓↓

【体験談3】たけもん(30代男性 会社員)

  • ・品川近視クリニック(大阪)
  • ・クリスタルZレーシック
  • ・費用:23万円程
  • ・時期:2012年2月頃

 

岡山から大阪に1日レーシックを決意

私は岡山県に住んでいますが、近所でなかなかよさそうなレーシックの医院が見つからなかったため、ネット検索より大阪の品川近視クリニックへレーシックを受けに行くことを決意しました。

1日レーシックとあり日帰りでレーシックが受けれるので手軽な点がよかったです。交通費補助制度も対象になりました。
 

私は1日レーシックを受けましたので、朝から夕方ぐらいまで施術がかかりました。大阪のクリニックは朝から患者さんが多く平日でも受付の席はほぼ満席でした。
 

患者さんは多く、順番にいろいろと検査があり忙しかったです。まずは事前の適応検査ですが、私は結膜炎がありますが受けれるのだろうかと思いましたが、無事検査を通過することができました。医師からの説明も簡単なものの説明程度で終了しました。
 

カウンセリング・適応検査

手術前のカウンセリングとしましては、事前の細かい適応検査を通過しなければなりません。暗い部屋で様々な検査を受けたり、視力検査も裸眼で見えずらいですが我慢して繰り返し検査されます。
 

そのようなさまざまな事前検査を数時間して、手術前のカウンセリングを行います。このときに医師に疑問点など質問します。カウンセリング自体はそれほど時間はかからなかった印象があります。
 

私がレーシック手術を受けたのは様々な検査を通過した後でしたので、夕方頃になりましたが、数名で大阪院ビルの上の階に上がり手術の順番を待ちました。
 

いよいよレーシック手術

クリニックではここまで裸眼でしたので回りがよく見えませんでしたが、手術前は緊張しました。手術台には2名ごと呼ばれて手術を受けました。
頭が動かないように固定されて角膜を剥がすのがわかりました。そして緑の点を終始見るように言われて見ていましたが、レーザーを当てる時間は1分程度だったと思います。
 

これを左右の目で行います。手術時間は短かったですけど、本当に成功するかどうかなど不安もありとにかく緊張しました。
 

手術後も手術室の横の待機所で、一緒に手術を受けた人たちが終わるまで待たされて、医師のカウンセリングを受けました。このカウンセリングもすぐ終わらすことができました。
 

そのまま大阪のホテルに宿泊

帰りは保護メガネを渡されて、すでに夜になり暗かったですが、保護メガネをして帰ることになりました。1日レーシック受けましたが、実際は翌日に目の状況を確認するため、日帰りではなく大阪に宿泊して視力検査など受けなければなりませんでした。
 

大阪のホテルに宿泊しましたが角膜を切りましたので、目がとてもヒリヒリしていたかったのを覚えています。痛み止めの目薬をもらいまして、数時間ごとに使用しないと痛かったです。
 

視力は劇的に回復してとてもうれしかった

翌日に施術後の検査を受けに品川近視クリニック(大阪)に行きましたが、翌日には、コンタクトやメガネをしているように視力が回復して見えていたのでびっくりしました。とてもうれしかったです。
 

視力検査でも1日後には1.5になっていたので信じられませんでした。しかし1週間ぐらいは、目がヒリヒリしたり疲れやすかった気がします。あまりテレビやパソコンなどを凝視しないようにしていました。
 

大阪で施術を受けて数年経ちますが、今では視力は両目2.0あり、普段は不自由なく生活することができます。今のところ副作用のような弊害はありませんし、視力が落ちることもありません。
 

今後はコンタクトレンズやメガネを使用するよう生活は考えられません。私は人には勧めませんが、手術を受けてよかったと思います。
 

結論!品川レーシックは結局どうなの?

良かった点は?
施術した直後から視力が回復したこと。

微妙だった点は?
施術後は目がヒリヒリした。
 

両眼とも:施術前0.04→施術後2.0
総合評価:88点



品川近視クリニックのWEB申込み場所

 

目次へ戻る
 
 

大阪の神戸神奈川アイクリニック体験談

【体験談】スミさん(34歳女性 OL)

  • ・神奈川アイクリニック(大阪院)
  • (※現在の神戸神奈川アイクリニック)
  • ・スタンダードレーシック
  • ・費用:18万円程
  • ・時期:2012年6月頃

 

レーシックを決心するまで

小学4年生から眼鏡生活で、両目を合わせても1.0に満たない視力でした。大学生頃からレーシックという名前を知りずっと興味がありましたが、なかなか手術をする勇気が出ずに躊躇していました。
 

特に、レーシックの失敗例などを聞くと取り返しもつかないことなので恐かったです。
 

しかし、生活全般が視力の無いこと、眼鏡やコンタクトに振り回されていることがとても嫌でした。例えば、起床した途端に眼鏡をかけないと何も出来ないことや、長時間の眼鏡で鼻の引っ掛ける部分が痛くなること、コンタクトのゴロゴロした違和感や結膜炎への悪影響などです。
 

特に趣味のダンスやスポーツ、サーフィンなどコンタクトや視力が悪いことで、思いっきり楽しめてこなかったことがあり、インターネットの口コミやレーシックに関する本などを購入し、約2年かけて決心をしました。
 

目の病気が発覚?

レーシックを行うまでに2年間かけたことには理由がありました。私の場合は左目のみ視野が一部(約4分の1)欠けているということが発覚し、それが先天性のものなのか、緑内障や白内障なのか、時間をかけて調べる必要がありました。
 

レーシックを考えていた矢先に発覚したので、病気であればレーシックどころの話ではなかったのでとても心配でした。
 

しかし、当初から先天性のものではないか?と言う先生の判断で、半年ごとに2年間の視野検査を行い、それが証明されたので、先生のレーシック手術のGOサインをもらえました。
 

今考えるとレーシック手術を考え始めなければ視野が欠けていることにも気付かなかったので良かったと思っています。
 

神奈川アイクリニックの対応

神奈川クリニック大阪院のアクア堂島東館入口

色んな情報を調べた中で、大手のブランドと費用の分かりやすさ、自宅からの近さで神奈川クリニック(現在の神戸神奈川アイクリニック)を選びました。
 

とても綺麗で清潔な病院で、手術前に2回ほど通い、手術後も2回ほど検診があるとのことで不安は小さくすることが出来ました。

手術当日は1人でも大丈夫だと伺っていましたが、母親が付き添ってくれることになりました。
 

手術当日の激痛

大阪院の待合室

5人一気に椅子に並び、(私は5人目の最後でした)手術は流れ作業のように進んでいきました。
 

簡単に内容をお伝えすると
 

①初めに麻酔を点眼
②フラップをめくる
③レーザーで削る
 

といった3段階で、時間も短かった記憶があります。また前の人が椅子に座って、「あ!もう見えてる!」と言っている言葉も聞こえ安心したことを覚えています。
 

しかし、私の場合はレーザーで削る瞬間に気絶しそうなほど痛かったのです。手術中ももちろん意識があります。
 

先生の「この光を見ておいて下さいね!そうじゃないとピンポイントで削れないので頑張って!」ということを聞き、意識が飛びそうな痛さの中、違うところ削られたらどうしよう!と不安でいっぱいでした。
 

終了してからその場で検診がありますが、私の前に受けられた方は50代の男性でしたが一人で足早に帰って行かれるも、私は眼が痛さで開けられませんでした。
 

先生のお話では10人に一人、私のような敏感な人がいるということで、明日には大丈夫ですよと伺うも、大阪から京都へ帰る電車の中で目が開けられず母親に手を引っ張って帰る時には不安でいっぱいでした。
 

翌日の感動

手術当日はぐったりし、本当に成功したのだろうかと後悔をしかけていましたが、眠り目が覚めた時にはあの、思い返しても辛かった痛みが全くなくなっていました。
 

今まで裸眼で見えたことのなかった時計の字がはっきりと目に見えた時の感動はなかったです。とても不思議な感覚で、すっぴんの自分の顔もしっかりと裸眼で見えることが特に嬉しかったです。
 

大阪の風景

 

今思うこと

レーシックを行い、コンタクトの痛みや眼鏡がズレることなどのストレスから解放され、日常でより自分らしさということを取り戻したようで、今では本当にやって良かった!と思っています。
 

満足度は高く、過去に自分が行った投資の中で一番コストパフォーマンスが良かったと思っているほどです。
 

結論!神戸神奈川アイクリニックはどう?

良かった点は?
眼鏡やコンタクトの煩わしさから解放されたこと。

微妙だった点は?
左目の視力が下がってしまうこと。
 

右目: 施術前0.06→ 施術後1.5
左目: 施術前0.06→ 施術後0.8


 

↓ ↓ 下記をクリック ↓ ↓

【体験談4】大阪の品川近視でエキシマレーザー屈折矯正手術 byきちさん20代主婦

【体験談5】クリスタルZレーシック体験談 in大阪 不安でいっぱいだった

【体験談6】アマリスZレーシックの感想 おすすめです!byピノさん30代

 

目次へ戻る
 
 

大阪のおすすめレーシック眼科について

 

大手のレーシック眼科でいうと、品川近視クリニック(梅田院)、神戸神奈川アイクリニック(大阪)、錦糸眼科(大阪院)の3つでしょう。あとは最近格安のレーシックで人気が出てきたSBC新宿近視クリニック(大阪院)ですね。(※注意:錦糸眼科とSBC新宿近視の大阪院は閉院しました)
 

もちろん大手眼科以外にも、たくさんの視力矯正手術優良クリニックが大阪にはあります。
 

西区の多根記念眼科病院や坪井眼科、淀川区の鈴木愛クリニック、天神のフジモト眼科、小島眼科医院(高安本院)、小島眼科医院(瓢箪山分院)、和泉市の和泉診療所、東成区の西眼科病院などなど、どこを決めるかは迷ってしまいますね。私のおすすめは実績ナンバー1の品川近視クリニックです。
 

メガネやコンタクトレンズの煩わしさから開放してくれるとして高い注目を集めているレーザー角膜屈折矯正手術のレーシック。視力矯正手術は最近ではとても広く知られており、レーシック治療を行ういわゆる視力回復レーザークリニックも沢山存在します。
 

どの眼科も高い技術や安全性、徹底した衛生管理を前面に打ち出していますが、そんな中でどのように病院を選び、失敗しないレーシック眼科を選び出すかという点は、患者側にはとても大きな問題点ですね。
 

大切な眼球に処置を施し、視覚に直接作用するレーシック手術を受けるわけですから、レーシック眼科は症例数が多く、評判のいいところをて選びたいところですね。
 

レーシックはとても新しい技術で、さらに年々改良されています。検査も無料で細かく行ってもらえますので、一度は無料の適応検査を受けて、専門医師に説明を聞きに行ってみるといいでしょう。
 

最初の検査で丁寧に説明や問診してくれる病院を選べば不安は大きく減りますし、評判のいいクリニックなら患者の立場にたった検査・治療が行われています。
 


 
 

【注意】閉院した大阪のクリニック

【※閉院】SBC新宿近視クリニック 大阪院

※大阪院は閉鎖となりました。

★★★☆

そこそこおすすめ

2012年度にはオリコンランキング顧客満足度1位を獲得!サッカー日本代表も視力回復した安心のレーシックです。最新設備で患者一人ひとりオーダーメイドの治療を実施。料金表以外の追加費用は一切不要。(※旧SBC新宿近視クリニック)

【住所】大阪市北区曾根崎新地1-4-12 桜橋プラザビル6F
【診療時間】10:00~19:00、※休診日は要問合せ、※完全予約制
【アクセス】JR大阪駅 桜橋出口より徒歩5分

【※閉院】錦糸眼科 大阪院

※錦糸眼科は閉院しました。

★★★

そこそこおすすめ

日本初でレーシックをしたパイオニア眼科。国内の知名度は高いですが、品川近視や神戸神奈川アイクリニックに比べると、技術・サービス面で遅れている感はあります。有名な矢作先生の施術を希望する方にはいいかも(※追加料金必要)。

【住所】大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビルディングF15
【アクセス】各線の梅田駅から徒歩3~10分、※初診検査は完全予約制


TOPへ